ハクビシン駆除業者が語る対策方法とは~侵入経路を塞ぐ~

ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~  
ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~

ハクビシンを近寄らせないことが大切

男女の作業員

ハクビシンによって、健康に多大な害を与えられる可能性があります。ハクビシンが、自宅に侵入した時点ですでに大きな問題となります。小さな子供を害獣から守るためにも適切な対策方法を知り、常日頃から対策を心がけておくようにしましょう。

ハクビシン駆除業者に聞いた対策

ハクビシンを寄せ付けないためにどのような対策を行なってくれますか?
業者では、まずは被害を予防するために家屋全体を調査します。家屋全体を調査した後にハクビシンがいないことを確認してから、ハクビシンを寄せ付けないための対策をします。ハクビシンは体が細長いので、小さな穴からでも家屋に侵入することができるのです。ですから、穴を塞ぐ作業をして家への侵入を防ぎます。塞ぐ作業以外にも、木酢液や、ミントの香りがする忌避剤を家の周辺に設置して、家へ近づけないようにすることができるのです。
自分でできる対策などもありますか?
ハクビシンは甘い果物を好む傾向が強いです。このことから、自宅の庭に甘い果物がないかチェックしておくことが不可欠となってきます。もし庭木に甘い果物が実っていたのであれば、すぐに収穫しておきましょう。他には、庭に生ゴミを置かないのも対策の一つです。ハクビシンは餌を求めてさまよっています。ですから、自宅周辺に餌となるものを置いてはいけません。食べ物関係以外でいえば、侵入経路を塞ぐという対策も行ないましょう。侵入経路さえ塞いでおけば、まずハクビシンが自宅に侵入することがないので安心です。

健康被害に遭わないためにも、ハクビシンを家へ近づけてはいけません。ハクビシンは人に様々な感染症を移す害獣です。普段から、ハクビシンが家に近づいてこないように対策をしておくと良いといえます。もし自宅で見かけたらハクビシン駆除を行ない、確実にハクビシンを家から追い払いましょう。

TOPボタン