感染症への対策~ハクビシン駆除をしてウィルスとの関わりを絶つ~

ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~  
ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~

感染症にかからないためには

女性作業員

ハクビシンによってもたらされる健康被害を防ぐための対策を行なうには、どうすれば良いか分からない人も多いです。ハクビシンは、人に感染するウィルスを多く運んできます。できるだけこのウィルスに感染されないためにもハクビシン駆除をするなど、今のうちに手を打っておくことが肝心です。

感染症被害に遭わないための対策法~ハクビシン駆除業者へのQ&A~

ハクビシンがうろついていて困っています。感染症の対策法はありますか?
ハクビシンには、極力近づかないようにすることが大切です。もし、ハクビシンに遭遇したとしても、自分から近づかないようにしましょう。病原菌は、主に口や爪に含まれていることが多いです。ですからひっかかれることや噛まれることは、感染症にかかる恐れがあるので非常に危険といえるでしょう。また、ハクビシンが残した糞尿も掃除するようにしてください。糞が乾燥すると、空気中に菌が浮遊します。それを吸い込むことで空気感染する恐れがあるのです。一時的な予防として、空気感染を防ぐためにはマスクをするといいでしょう。
感染症にかかりやすくなる原因などはありますか?
考えられるものに、まず接触があります。ハクビシンと直接接触してしまった時に、噛まれることや引っかかれることが原因で感染症にかかるのです。また、農作物にハクビシンの唾液や粘液が付着したままの状態で食べる、もしくは傷口から侵入するなどで感染症にかかる可能性が一気に上がります。他にも風邪をひき、体が弱っている状態なども感染症にかかりやすい状態であるといえるでしょう。免疫力が低下している状態であれば、感染症にかからないように細心の注意を払うことが不可欠となります。

感染症にかからないためには、まずハクビシンに近づかないようにすることが大切です。農作物を育てている人であれば、農作物がハクビシンによって噛まれた跡がないかチェックして収穫をしましょう。またハクビシンの糞尿を掃除することも、感染症にかからないための重要な対策方法となります。場合によってはハクビシン駆除も視野にいれておくと良いでしょう。確実に感染症のリスクを下げるには、駆除が一番有効だからです。

TOPボタン