感染症の治療方法に関して~ハクビシン駆除をして危険を回避する~

ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~  
ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~

感染症になってしまったときの治療法

ハクビシン

ハクビシンによってかかる感染症は様々です。自分の子供や高齢の両親が感染症にかかる可能性もあるので、今のうちに感染症に有効な治療法も知っておきましょう。ここではいくつかの感染症の治療法を紹介していきます。

感染症の種類別に見る治療法

トキソプラズマ症の場合
トキソプラズマ症を発症して、なおかつ免疫力が低下している人には、トリメトプリムなどを投与します。他にも、ピリメサミンや葉酸なども投与するのです。薬物を投与すれば、徐々に症状も良くなっていくでしょう。
E型肝炎
この症状が発症すると、入院して完治するまで安静でいることが基本となります。しかし、その際に直接的な治療は行なわれません。そのため、基本は自然治癒をしていくことになるでしょう。なぜ自然治癒させるかといいますと、このE型肝炎には治療法がないからです。もしこのE型肝炎の症状が酷くなってしまった場合は、その症状の度合に合わせた輸液などが行なわれます。
レプトスピラ症
このレプトスピラ症の治療には、抗生物質の投与が有効とされています。もし重症化してしまった場合は、ペニシリンを投与し対応するのです。しかしペニシリンを投与すると、副作用もあるので使用には注意が必要とされています。
サルモネラ症
このサルモネラ症を発症したら、まず消化器科へ行きましょう。軽症の場合であれば、自然治癒するのを待ちます。しかし、もし重症であるのであれば、病院で薬を渡されることもあるでしょう。

最も怖い感染症「SARS」~ハクビシンなどの野生動物が運んでくる病気~

SARSの主な症状としては、38度の高熱や息切れ、などが挙げられます。他にも頭痛や、食欲の低下など様々な症状を発症します。このSARSによって引き起こされる症状はどれも、子供にとって非常に辛いものばかりです。主な感染経路としては、気道分泌飛沫感染だとされています。このSARSに有効的とされる治療法は未だに確立されていないので確実に、そして早期的に治す方法はまだないといえます。SARSに感染しないための対策としては、人の多い所を極力避けることや手洗い、うがいをしっかりと行なうことです。

TOPボタン