ハクビシン駆除は業者に任せる~確実に駆除してくれる~

ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~  
ハクビシンの糞や尿は感染症の原因となる~消毒をすることが大切~

感染症にかかる前にハクビシン駆除をしよう!

ハクビシン

ハクビシンが人に与える被害の中でも特に恐ろしいのが、感染症などの健康被害といえます。ハクビシンは様々な病原菌を持っているので、免疫力がまだ弱い子供に大きな悪影響を与える可能性が考えられます。

ハクビシン駆除は専門業者へ!様々なメリットがある

素早く駆除してくれますよ(30代/男性/業者利用経験者)

ハクビシン駆除業者は、ハクビシンに関しての深い知識を持っているんです。そのため、駆除にかかる時間も初心者に比べると、段違いで早いです。ちなみに初心者の自分が駆除をしようとした時は、すごく時間がかかった上に、一匹も駆除しきれませんでした。

駆除後の消毒もしっかりしてくれます(30代/女性/業者利用経験者)

ハクビシン駆除後は、殺菌や消毒まで念入りに行なってくれますよ。私には子供がいるので、特に健康被害が心配だったのですが、丁寧に消毒、殺菌をしている姿を見て安心しました。また、もしハクビシンの被害に遭ったら迷わず業者に任せたいと思っています。

保証制度がついているので安心できます(30代/女性/業者利用経験者)

ハクビシンの駆除を完了させた後にも、ちゃんと保証が付いているという点は素晴らしいと思いました。一度ハクビシンを駆除したとしても、すぐに再発することがあるからです。そうなると、またお金を支払い駆除してもらわなければいけません。でも、保証がついていれば無償でハクビシン駆除してくれるので、再発することに対しての不安が軽減されるのです。

巣や糞は感染症の原因となるので注意

ハクビシン駆除を行なった後は、屋根裏からハクビシンがいなくなります。しかし、ハクビシンはいなくなっても、巣や糞は残っている状態です。この巣や糞は、できるだけ放置しないようにしましょう。特に、糞は感染症の元となる病原菌が大量に含まれているため、放置するのは危険です。 また、巣にも糞が付着している可能性が高いので見過ごすことはできません。感染症の心配をなくすためにも、早急に掃除をして消毒から殺菌までするようにしましょう。消毒をする場合は、直接の接触はさけて念入りに行なうことが大切です。

ハクビシン駆除しないとこんな感染症に・・!

ハクビシン駆除をせずに、ずっと放置していることにより感染症にかかってしまう危険性があります。このハクビシンを駆除することによって、安心できる日常を取り戻すことができるでしょう。ここではハクビシンが原因で、もたらされる感染症の紹介をしていきます。

ハクビシンがもたらす感染症の種類

トキソプラズマ
トキソプラズマという原虫は、ほぼすべての脊椎動物に感染します。ハクビシンは、このトキソプラズマの原虫を運んでくるので危険です。健康な人がトキソプラズマに感染されると、急性感染症状を起こします。
E型肝炎
この肝炎にかかると肝細胞が破壊され、破壊された部位の機能が低下します。潜伏期間が6週間と長く、発症すると発熱や腹痛などの症状に悩まされます。免疫力の弱い子供や高齢者が感染しないように気をつけましょう。
レプトスピラ症
3日~15日間の潜伏期間を経て発症します。発症すると発熱や頭痛という症状が現れるでしょう。このレプトスピラ症が重症化すると、肝障害や出血という症状を引き起こします。もし感染したという可能性があれば、すぐに病院へ行きましょう。
サルモネラ症
サルモネラ症はニュースなどで度々問題として取り上げられることがあるので、すでに知っているという人も多いのではないでしょうか。このサルモネラ症に子供や高齢者がかかると、非常に重い症状を引き起こすので、感染症の中でも特に注意したい病気です。

ハクビシンによって発症する可能性がある感染症には、このように多くの種類があります。どの感染症も重症化すると、生命の危機に晒されるような恐ろしいものばかりです。特に子供や高齢者などの、免疫力の弱い人は感染症の影響を受けやすいので、早目にハクビシン駆除を行なうようにしておきましょう。

TOPボタン